楽天カードと楽天Edyで楽天ポイントをがっつり稼ぐ方法

スポンサーリンク


楽天カードと楽天Edy

楽天カード

クレジットカードにも色々ありますが、私も長く愛用している「楽天カード」をご紹介します。



とは言え、皆さんもクレジットカードなら既にお持ちだと思います。

実際、私も10枚くらい持っています。(笑



しかし、実質使っているのは「楽天カード」のみで、極稀に「限度額オーバー」になりそうな月だけセカンドのカードを使っています。



「楽天カード」の最大の魅力は「楽天ポイント」だと思っていますが、基本的な特徴は以下のとおりです。
  • 年会費無料
  • 買い物で、楽天ポイントが100円につき、1ポイント付与される。
  • 楽天市場なら、ポイント4倍。
  • 楽天Edyのチャージでもポイント付与。(200円=1ポイント)
  • 貯まったポイントは、1ポイント=1円相当で利用可能。
  • 海外旅行をされる方には、最大2,000万円の海外旅行傷害保険つき
通信販売になりますが、「楽天市場」を利用されるなら「楽天ポイント」を利用しない手はありません。



これは、私の基準が「買い物」にあるからです。

しかし、楽天には
  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス
などのサービスもありますので、「旅行」「音楽」「ゲーム」に興味がある人はこれらのサービスでも利用できます。



私は、「楽天の回し者」ではありませんが、
  • 楽天銀行
  • 楽天証券
などのサービスも利用しています。



クレジットカードに限らず、ポイントサービスは、「バラバラ」で集めるのではなく出来るだけ「一つにまとめる」のが得策です。



ポイントサービスマニアの人は、「マイル」を貯める人がいます。

どうしても「マイル」に出来ない「ポイント」も「ポイント交換」などで「マイル」にされてるそうです。



私は、「楽天ポイント」を貯めるのが色々便利だと思っていますので、「楽天カード」をオススメするのです。




楽天カードの「悪い点」

なんでもそうですが、「良い点」があれば、「悪い点」もあります。

で、「悪い点」は何かを考えました。



取り敢えず、「楽天Edy」のチャージポイントが200円=1ポイントなのが少ない事でしょうか。

出来れば、100円=1ポイントにして欲しいのは贅沢でしょうか?



次に、「楽天」全般に関する事ですが、メールが多い事です。

ショップで買い物したり、ポイントサービスして貰ったりすると直ぐにメールマガジンに登録され大量のメールが届くようになります。



メールの「配信停止」は出来ますが、直ぐに追加されるので面倒です。





あとは、、過去に2~3度「サポートセンター」に電話をした事がありますが、
  • 電話が繋がりにくい。
  • サポートがマニュアル通り
だった事でしょうか?



別に「庇い立てする」訳ではありませんが、「サポートセンター」ってどこも、こんなものだと思います。

これが、「年会費」をとっているカードだったりすれば話は別なんでしょうが・・・。






楽天Edy

携帯電話(ガラケー)に、「おサイフケータイ」と呼ばれるものが出来てから随分と経ちます。

当初は、
  • ID
  • QuickPay
  • Edy
の3種類だったと思います。



私は、3つとも契約して使えるようにしました。

しかし、実質使っていたのは、「Edy」でした。

なぜ「Edy」だったのかはどうしても思い出せないのですが・・・。



その後、「Edy」は「楽天」に買収され、「楽天Edy」になります。



しかし、当分の間「Edyチャージ」に「ポイント付与」はありませんでした。

もし、今でも「チャージ」で「ポイント付与」がなかったら、「楽天カード」を人にススメるようなことはしないと思います。



私が一番「Edy」を使用していた時期に、「楽天ポイント」が付かなかったのです。

今、オススメしているのは、その反動かもしれないですね。


楽天Edyがオススメの理由

最近、とあるコンビニの「電子マネー」や、携帯会社の「プリペイドカード」などが話題になっています。



しかし、上記でも説明したように、「楽天Edy」には歴史があるのです。

そのため、使えるお店が多いのが最大のメリットです。



以下を参考にしてみてください。


お買い物する際に、クレジットカードが使えるのなら「楽天カード」で支払うのがお得です。

しかし、
  • 「少額の買い物」にクレジットカードを使うのは抵抗がある
  • クレジットカードが使えない
そんな場合に「楽天Edy」で支払うのです。



そして、「楽天Edy」への「チャージポイント」でポイントを稼ぐのです。



「スーパー」や「百貨店」の買い物などでは、それぞれのお店の「ポイントカード」があったりします。

現金で支払うと、それらのポイントしか貯まりません。



「楽天Edy」で支払えば、「スーパー」や「百貨店」のポイントに加え「楽天ポイント」も増えると言うわけです。



なので、使えるお店の多い「楽天Edy」は有利なのです。


「公共料金」など、クレカが使えない場合でも

これはご存じの方も多いと思います。



地方により若干異なりますが、
  • 電気
  • ガス
  • 水道
などの「公共料金」の支払いに、「銀行の口座引き落とし」は出来るが、クレカが使えない場合が多いです。



しかし、これらの支払いは、「コンビニ支払い」(コンビニ経由の振り込み)が可能な場合がほとんどです。

そして、その際、現金でなく「楽天Edy」での支払いが可能なのです。



ただ、

「口座引き落とし」なら、放っておいても勝手に引き落としてくれます。

「コンビニ支払い」にすると、コンビニに行って払込をしなければいけなくなりますので、多少の労力が必要になります。




クレジットカードも「楽天Edy」も使えない場合

「楽天カード」(クレジットカード)が使えない。

「楽天Edy」も使えない。



諦めて「現金」で支払う。



ちょっと待って下さい。

そのお店、「ギフト券・商品券」での支払いもありませんか?

例えば、
  • QUOカード
  • 全国百貨店共通商品券
  • イオン商品券
  • 図書カード
  • ビール券
これらでの、支払いも出来ないでしょうか?



数は少ないですが、こういうお店も存在します。

その場合に、「ギフト券・商品券」の購入に「楽天カード」や「楽天Edy」が使える可能性が高いです。



直接、「楽天カード」や「楽天Edy」が使えなくても「間接的」に使うことで「楽天ポイント」を貰っちゃおうと言うわけです。






楽天ポイント

楽天ポイントの特徴

「楽天ポイント」は、「楽天PointClub」と言うサイトで管理されます。

既に説明しているものもありますが、
  1. 通常のお店でのカード利用の際、100円=1ポイント
  2. 「楽天市場」ならポイント4倍
  3. 「楽天市場」は定期的に、期間限定・ショップ限定でポイント5倍なども。
  4. 「楽天Edy」のチャージで、200円=1ポイント
  5. 楽天関連のサイト(Infoseekなど)の「くじ」「クイズ」「メール」で。
ポイントを貯めることが出来ます。



1.について

特に説明の必要も無いですが、普段の買い物の支払いにカードを利用すれば、100円につき、1ポイントが付与されます。



2.について

「楽天市場」での買い物なら、ポイント4倍です。

基本ポイントは1%なので、1のように100円=1ポイントですが、「楽天カード」を利用すると、基本ポイント1%+楽天カード3%=4%となります。

つまり、100円=4ポイントです。



3.について

期間限定で、ポイント2倍や5倍などキャンペーンも頻繁に行われています。

その期間に購入すれば、かなり高ポイントが付与されます。



4.について

「楽天Edy」のチャージで、200円=1ポイントです。

「楽天Edy」は使えるお店が多いので、「現金払いはやめる」くらいの勢いで「楽天Edy」を使えば良いと思います。

また、チャージは「楽天カード」以外のクレカでもポイントが貰えるカードはありますが、3同様、頻繁にキャンペーンが開催されます。

「チャージするだけで○○ポイントプレゼント」などです。

このキャンペーンの対象になるのは、「楽天カード」のみです。



5.について

楽天のサイトで、「クジ」「クイズ」「広告チェック」などでポイントが貰えます。

「楽天e-NAVI」
楽天カード ラッキーくじ

「ツールバー」
楽天ウェブ検索 山分けポイント

「楽天Infoseek」
Infoseek News Quiz当選
Infoseek ポイナビ けずろっと当選(期間限定)
Infoseek メールdeポイント(期間限定)

こんな感じです。



特に、「楽天ウェブ検索」は30件の検索は多少面倒ですが、1日5ポイント貰えます。

150ポイント/1ヶ月なので、結構貯まります。



「けずろっと」と「メールdeポイント」は「期間限定」なので注意が必要です。

※あまりポイントが貰えないので、オススメはしないです。



また、「Infoseek メールdeポイント」については「楽天カードの悪い点」でも書いたように「大量のメールが届く」ようになりますので注意してください。



5に関しては、無料で貰える為、非効率ですが、

毎日コツコツ頑張れば、250~300ポイントくらいにはなります。





溜まった「楽天ポイント」は、「楽天市場」で1ポイント=1円で使用出来ます。

商品によっては、ポイントだけで購入出来たり、送料がポイントでまかなえたりします。



旅行や音楽、ゲームなどに興味がある人はさらにお得になりますので、是非、活用してみてください。


キャンペーンをチェックする

「楽天」は、ショッピングや、チャージなどでも頻繁に「キャンペーン」が実施されます。



これらを上手く使えば、お得にポイントが貯まります。

これらの「キャンペーン」は見逃さないようにしましょう。






まとめ

「楽天」のサービスに統一する

以上、「楽天カード」と「楽天Edy」を使って「楽天ポイント」をガッツリ稼いで、得する方法は気に入って頂けましたでしょうか?



出来るだけ「楽天」のサービスに統一する事でお得になります。



今回紹介しませんでしたが、

「楽天銀行」や「楽天証券」でも「楽天ポイント」を貯めることが出来ます。




「楽天カード」をお持ちで無い方は

「楽天カード」を作りませんか?
【楽天カード】
【商品説明】
新規入会&利用で、もれなく5,000円相当ポイントプレゼント
キャンペーン期間:2016年7月29日(金)10:00~2016年8月22日(月)9:59

「楽天Edy」を利用しようと思われる方

「楽天Edy」のチャージには、「PaSoRi(パソリ)」があると便利です。パソコンに「おサイフケータイ(FeliCa)」のマークが付いている場合は不要です。



PaSoRi(パソリ) Windows用





PaSoRi(パソリ) iOS用





また、「Edy Viewer」で残高や、チャージなどを行いますが、準備が必要です。

以下を参考にしてみてください。




また、PaSoRi(パソリ)があると、

マイナンバーカード

JRのICカード、Suica(スイカ)・ICOCA(イコカ)など。

「nanaco」「WAON」

など、色々なカードが利用出来ます。





「楽天カード」と「楽天Edy」は、私に取って「最強のポイント」ゲットの組み合わせになっています。

皆さんも、是非、利用してみてください。






スポンサーリンク
【So-net】
【資料請求】
スポンサーサイト
【楽天市場】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする