Bitcoinのお財布『blockchain』で、サインイン時のメール認証について。

スポンサーリンク

blockchain

サインイン時のメール認証


『blockchain』のサインインには、「ウォレットID」と「パスワード」を入力して、「ログイン」をクリックします。






その際、「メールを確認してこのログイン試行を許可してください。」とメッセージが表示される場合があります。



このメッセージは出る場合と出ない場合があります。
前回サインインした端末で、クッキー情報等を削除しない設定では、次回サインインしてもメッセージは表示されません。
これは、通常のパソコンでサインインする場合はメッセージが表示されない事を意味します。
しかし、他のパソコンなどからサインインするとメッセージが表示されメール認証が必要になります。
つまり、普段パソコンを使ってサインインする際は毎回メール認証する必要はないが、他の誰かがアカウントにサインインしようとするとメール認証が必要になると言うことです。



これによって、アカウントの乗っ取りなどで勝手に口座に不正ログインされ、お金を盗まれる事を防止する事が出来ると言うことです。
なので、面倒などとは思わないでください。
不正アクセスでお金を盗まれる事を考えれば、マシだと思います。
また、常にですが、セキュリティを強化すればするほど、使い勝手が犠牲になります。
セキュリティは強いものほど使いにくいと考えておいてください。




メール認証


上図のようなメールが届きますので、下側にある青字の部分をクリックします。





ブラウザが起動し、上図のような画面が表示されればサインイン出来ます。



スポンサーリンク
【So-net】
【資料請求】
スポンサーサイト
【楽天市場】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする