広島風お好み焼きのオススメお取り寄せを厳選しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

広島風お好み焼きのオススメお取り寄せ

広島風お好み焼き

「お好み焼き」と言うと、「大阪風」「広島風」という話になりがちです。

しかし、私は個人的に「呼び名」が同じだけで、全くの「別物」だと思っています。

「大阪風」についてはあまり詳しくはありませんが、現在のような形になったのはそんなに昔のことでは無いと聞きます。

また、基本的に「粉」を食べるものと認識しています。

「広島風」に関しては、色々な説があるのですが・・・。

昔、駄菓子屋の中に小さな鉄板があり、小麦粉を水で溶いたものをクレープのように焼いて、ネギなどの野菜を載せてソースを掛けて食べる「子供のおやつ」だったのが原型とも言われています。

戦後の食糧難の時代に、この「おやつ」「かさ増し」の為にキャベツをてんこ盛りに入れ、空腹感を満たす食べ物として広まったとも聞いています。

中華そばや、豚肉、卵などはよく知らないのですが・・・。

基本の小麦粉のクレープ状のものに色々な食材を重ねていった歴史があり、どの時点を「広島風」の原点とするかによってかなり変わってきます。

私は、キャベツとモヤシをてんこ盛りにしたものに、中華そば、豚肉、卵で作る、いわゆる「ソバ肉玉」が原型だと思っています。

キャベツとモヤシは信じられないほどてんこ盛りにするのですが、じっくりと焼き上げ、水分を飛ばし、しっとりと柔らかくキャベツの甘さがしっかりと出た状態にします。

なので、「大阪風」を食べるのに対し、「広島風」キャベツを食べるものだと思っています。

お好み焼き ひらの

「ソバ肉玉」が原型だと思っていると言いながら、最初に紹介するのは「ソバライス」で商標登録まで取ったというお店の紹介です。

また、ここの「豚肉」は厚みがとても厚く、「豚肉」がとても存在をアピールしています。

広島のお好み焼きが有名になった事で、街中に大きなお店や、お好み焼き屋だけのビルが出来るなど、お店の形態も変わってきています。

しかし、圧倒的に多いのは小さなお店にテーブル一つと、鉄板の周りに数席あるだけのお店が本来の広島のお好み焼き屋なのです。

この、「お好み焼き ひらの」はまさしく、その小さなお店です。

「ライス」「分厚い豚肉」が邪道と言えば邪道ですが、そもそも「広島風」お好み焼きは進化の歴史なので、美味しいのが一番です。

これは、私の想像ですが、このお店の直ぐ側に工業高校があります。

「ライス」や「分厚い豚肉」は、お腹を空かせた高校生にお腹いっぱい食べて貰おうとして生まれた物ではないかと?

そのようなわけで、「ソバライス」をご紹介します。

みっちゃん総本店

屋台からはじめて、現在は沢山の店舗を持つまでになった、老舗中の老舗です。

私が原型と思っている、「ソバ肉玉」もこのお店が発祥とも言われています。

「お好み焼き みっちゃん」は、暖簾分けをしているので色々あるのですが、この「みっちゃん総本店」が本流だと思います。

麗ちゃん

みっちゃん総本店より、数年後ですが同様に屋台から始めた老舗の一つです。

色々こだわりを持ち続けているお店です。

広島では、多くのお店が「オタフクソース」ですが、麗ちゃんは「カープソース」を使っており、それもこだわりの一つだそうです。

「オタフクソース」甘いですが、「カープソース」はちょっとピリ辛です。

同じ老舗でも、「みっちゃん総本店」とはひと味違います。

本当のオススメは・・・

やはり、鉄板で焼きたてをハフハフ言いながら食べるのが一番美味しいです。

また、上で紹介した以外にも美味しい店は沢山あります。

「八昌」は私のイチオシです。

是非、広島に来て「ハフハフ」してください。

冷たいビールをお供に。(笑)

スポンサーリンク【楽天】
スポンサーリンク【Amazon】

フォローする